WiMAXも電池交換できた

pixta_11424635_L

WiMAXを使用する人は、ルーターの電池についても考えなければなりません。電池の何を考えるかというと、容量です。

実はWiMAXルーターの電池容量は、長期間の使用や経年劣化により徐々に減ってきます。

減ってきたらネットを長時間使用することができなくなりますが、そうなったときの対処法を知っておく必要があります。今回はその対処法について詳しく調査してみました。

WiMAX利用者の方、あるいはこれから利用予定の方もぜひご覧になってください。

長期間使用していると減ってくる電池容量

WiMAXはとても便利なネット接続サービスですが、一つ気をつけておきたいのはルーターの電池容量です。契約当初は、ルーターの電池容量の多さに感動されたかもしれませんが、その電池容量はいつまでも維持されるわけではありません。

お使いになるルーターの品質や経年劣化の問題などにより、当初の容量が減ってくる可能性があります。

そして電池容量が減ってしまうと、充電しても前より同じ時間使用することができなくなるので、ここに不具合が生じることになります。

したがって、電池容量が著しく低下してきたときは、新しく電池交換をしなければなりません。電池交換をすれば再び電池容量を回復させることができます。

長期間使用すればこのことを忘れてしまいますが、ぜひ電池容量が減ってくることを覚えておいてください。ちなみに電池容量は長時間使用しなくても消耗したり劣化することがあります。

したがって、定期的に電池の劣化具合をチェックするようにしてください。

機種選びの際は交換できるタイプが便利

WiMAXルーターの電池容量は確実に減っていくので、これを踏まえたうえで機種選びを行う必要があります。つまり、電池容量が減るということはいずれ電池交換しなければならなくなるので、あらかじめ電池交換できるタイプの機種を選んでおくということです。

もし交換できない機種を買ってしまうと、電池容量が減ってきたときに、電池だけ交換するということができなくなり、新しい機種を購入しなければならないので経済的にはデメリットになります。

しかし最初から交換できるタイプを買っておけば、電池容量の低下時は電池交換だけですみます。

ただし、電池交換できるタイプの機種にもいろいろな種類があるので、品質をよく確かめて購入しなければなりません。機種を選ぶときのポイントは、長時間の使用にも強いこと、消耗が早くないこと、電池交換作業がしやすいことなどです。